2017年05月22日

唐子柄、好きだわー。




Marburg方面をプラプラしました。

時々、蒸気機関車を走らせているみたいですね。



角のこのアンティークショップは好きです。





誰も気に留めてくれない唐子皿と、




日本製のスナックセット。
大正から昭和初期の物だと思います。



カップが滑らないように工夫してあります。




お店の向かいのパブでランチにしましたが、
これで$19は安いと思いますよ。田舎に行くと、牛肉が安いです。



このスタビーホルダー、



ブリスベンのあの大きな橋の下にある、
Story bridge hotelの物みたいですが、

コックローチレースとかやってるのね(笑)

お昼にがっつり食べてしまったので、
夜は春雨スープだけです。


鶏がらスープにレンジでチンして手で裂いたささみ、
しょうが、ねぎ、わかめ、ごま、溶き卵に春雨のスープです。

だけど春雨は溶けやすいので、
韓国の春雨、タンミョンをはさみで4~5本切って使いましたよ。



タンミョンは薩摩芋のでんぷんが主原料で、
じゃが芋でんぷんのマロニーっぽい、しっかりした春雨です。


翌日は、

残りのタンミョンとイワシ缶でチャプチェだー。



  
タグ :Marburg


Posted by ようこさん at 11:30Comments(0)いとをかしブリスベン的生活

2017年05月20日

ウーロン茶と焼枝豆、ハマるわー。



家の近くにオープンしたアジアンショップ。
小さいお店だけど、便利です。

夏の間は冷たいお抹茶にハマっていたけど、
そのお店で見つけて最近飲んでいるのは、

ウーロン茶。




ホットで頂いています。


そしてこれ。


インドネシア産、イワシの干物。




日本の「イワシの干物」だと丸干しが多いと思うけど、
これは開きで、しかも薄い、ペラペラです。

粉末にするのも何となく面倒くさくて、
キッチン鋏で適当に小さく切って、
お味噌汁を作る時に鍋に放り込んで使っています。



コストコで見つけた「フライドトーフパフ」



中の豆腐はちょっとだけなので、
厚揚げよりも「肉厚なあげ」に近いです。



薄切りの豚肉も買えたので、早速、豚汁にしましたよ。






冷凍のEDAMAMEを、オーブントースターで焼いた、

焼枝豆。



茹でたり、自然解凍よりも、
もっとねっとり味が濃くなって美味しいですよ。

  


Posted by ようこさん at 11:08Comments(0)徒然なるようこ茶コーヒー

2017年05月18日

便利なピックルドポーク週。

多分、アイルランド方面のトラディショナルな食べ物だと思われる、

ピックルドポーク。

豚の塊肉を塩漬けにしたもので、
牛のシルバーサイド、コンビーフの豚肉バージョンです。

大きくて、お財布にも優しくて、茹でるだけで
サラダに、炒め物に、パスタに、4~5日はこれで色々美味しく頂けます。

私はコンビーフよりも、ピックルドポークの方が断然好きですね。

ジンジャービアで茹でるのが好きだけど、
今回はたっぷりの水にゴールデンシロップ、しょうが一かけ、
ローリエ、粒胡椒を入れて、弱火で1時間半ほど茹でました。




塩漬けなので見た目パサついてそうですが、
とっても柔らかくて美味しいです。



保存する時は、茹で汁ごと容器に移して冷蔵庫で保存すると、
パサつかずに柔らかいままおいしく食べれます。

茹でたその日は薄くスライスして、
ポテトサラダなんかと一緒に頂きますが、

翌日、サンドウィッチにすると激、激おいしいです。




マスタードピクルスたっぷりが美味しいですよ。




マスタードピクルスは、
スーパーの物よりも田舎の方へドラブした時に、
八百屋さんなんかで婦人会作の「一瓶入魂」みたいな、
気合の入ったピクルスを色々物色するのが好きです。


ピックルドポークは塩気が効いているので、

塩なしで、チャイニーズ系葉物野菜と炒めたり、



焼きビーフンとか。
軽くほぐして、キャベツと一緒にパスタにも良くあいますよ。

今年もカメリアがたくさん咲いてくれそうです。


  


Posted by ようこさん at 11:31Comments(0)

2017年05月16日

焼き芋のお味噌汁。

今回、とっても大切な発見をいたしましたよ。

オーストラリアの薩摩芋は、
日本のそれみたいに甘くてホクホクなんて
気が利いたやつじゃなくて、
いかにも「イモ」っぽい、
甘みの少ない、主食的な「ヤツ」なので、
日本人の私には、
買ってもどうしようもないなー的な薩摩芋ですがね。

先日ワーウィックのロックショウの帰りに立ち寄った、
田舎の八百屋さんで何となく買ってしまった薩摩芋を、
アルミホイルに包んで、
低い温度の160℃のオーブンに入れて約1時間半。


低温のオーブンが決め手です。

ホクホクの、なかなか甘い焼き芋に変身してましたよ。

いいですか。ホイルに包んで160℃で1時間半ですよ。

大切な事なので2回書きました。

これをだね。

手で割って、

ちょっと潰した感じでお椀にセッティングして、




温めたお味噌汁をお椀に注ぐよ。




こうすると、

鍋で煮た薩摩芋のみそ汁とは、ぜんぜん別物の、
本当に、本当においしい焼き芋のお味噌汁がいただけますよ。

薩摩芋の炊き込みご飯です。
炊きあがってから炒り胡麻も入れました。




それで思ったのだけど、

この国で薩摩芋と同じように甘くない、
我々の期待を気持ちよく裏切る野菜、

かぼちゃ系。

ひよっとして、あれもホイルに包んで低温でじっくり火を通したら、
ねっとり甘い南瓜になってくそうな予感の、
そんな思いつきにドキドキしながらの、
焼き芋のお味噌汁アフタヌーンです。



  


Posted by ようこさん at 11:30Comments(0)

2017年05月14日

ニンニクの燻製。


ブリスベンの南西130km,

Warwickでのジェムショウで

いくつも欲しいアンモナイト。


アンモナイトは本当にピンキリで、
いつでも色んなタイプに出会えます。
アンモナイトだけでコレクションしたいくらいです。


アンバー。本物だと信じるさ。気持ちが大事ね。




ショウの帰りに八百屋さんで見つけた「ニンニクの燻製」。


とっても食欲増進的な香りです。

だけど、もう少ししっかり燻製にしてほしかった。
黒くなるまでやってほしかった。きっと世界観変わるから(笑)

このニンニクの燻製を使って、
アスパラガスと豚肉を炒めましたよ。



「メロンキューカンバ」だそうです。



瓜かもしれないと思いながら買ってみたけど、


たぶん、

多分だけど、これはメロンの赤ちゃんかもしれない。


メロン味ではないけど、胡瓜よりも瓜に近いな。

塩を振ってから、ワサビ&麺つゆ漬けにしました。
チャンプルーみたいな炒め物でもイケそうです。


鉢植えも一つね。


  


Posted by ようこさん at 11:00Comments(0)収集癖